座談会と講演会の違いは?キンコン西野亮廣、怒りの理由はなぜ?

キングコングの西野亮廣さんがお怒りのようです。

何やら、イベントで講演会をする予定だったのが、

勝手に座談会にされていたため、

イベント自体キャンセルした。との事。

 

ところで、座談会と講演会の違いは一体、何なのでしょうか。

それぞれの意味とキンコン西野さんの怒りの理由について調べ、考えてみました。

 

「座談会」と「講演会」、それぞれの意味、違いは一体!?

座談会とは

座談会の意味を調べてみました。

何人かが集まって、ある問題について、各自の意見や感想を述べ合う会。形式ばらないで話し合うことを目的とする。 出典:https://kotobank.jp/

人数は少なめ。

ざっくばらんに、参加者全員で話しをする会、という意味のようですね。

 

確かに、私が就職活動をしていた時の座談会もそのような感じでした。

社会人の方と就活生が、大体5名程度、多くても10名程度の人数で、

1つのテーブルを囲み、話をするという事が多かったですね。

 

講演会とは

講演会の意味はコチラ。

講師となるような有名人、有識者、先生、などを招いて演説や講演などをしてもらう会のこと。

出典:https://www.weblio.jp/content/

 

演説、講演の定義についても調べてみました。

まず、演説の意味はコチラ。

大勢の前で自分の意見や主張を述べること

出典:https://dictionary.goo.ne.jp/

 

そして、講演はコチラ。

大ぜいの人に向かって、ある題目に従って話をすること。

出典:https://kotobank.jp/word/

 

 

有名な人、偉い人が大人数に向けて話をするのが、

講演会という事ですね。

 

座談会と講演会の違い

今、述べてきた事でおわかりかと思います。

 

「座談会」は、少人数で参加者全員で話し合いをする場。

相互の意見交換が可能です。

 

それに対して、「講演会」は、1対多数。

話をする側(有名人、見識者etc)と、話を聴く側に分かれます。

 

つまり、違いは双方向のやり取りが出来るかどうか。

そして参加人数も、基本的には講演会の方が多いイメージですね。

※質疑応答がある講演会では、双方向のやり取りがあるとも言えますが、

メインは、講演者が考えを伝える場という事ですね。

 

キンコン西野はなぜ怒ったのか!?理由は一体、、

講演会だという話だったのに、座談会になっていた。

イベントはキャンセルした。

 

・・・という事でしたが怒りの理由は、

座談会がイヤだったというわけではなく、

 

主催者が、キンコン西野さんに対して、

必要な連絡(交渉?)を怠り、誠意ある対応をしなかった。

という事が怒りのキッカケでしょうね。

 

何かにつけて、話題になりがちなキングコング西野さん。

ハレノヒ被害者の方へのパーティー開催など、

とっても素敵な活動をされています。

これからも、注目していきたいなと思います。

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です